エンブレム

2021シーズン新たに使用する、東京武蔵野ユナイテッドFCのエンブレムをご紹介します。

『スポーツを通じた社会貢献・人材育成』という同じ志を持つ東京武蔵野シティFCと東京ユナイテッドFC。それぞれのルーツをエンブレムに融合させ、今シーズンより一体となって活動していきます。
※東京武蔵野シティFCのホームタウンである武蔵野を象徴する『紫草』(左)、東京ユナイテッドFCのルーツである、東京大学運動会ア式蹴球部の『銀杏』、慶應義塾体育会ソッカー部の『荒鷲』(下)、そして、クラブの理念である文武融合を表す『ペンとボール』(右)となります。